舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

舌下免疫療法とは、アレルゲン免疫療法(減感作療法)の一種で、アレルゲンを少量から舌下に投与することで、からだをアレルゲンに慣らし、症状を和らげる治療法です。(従来行われてきた皮下免疫療法と違い、注射に伴う痛みもなく、自宅で投与が可能なため、頻回の通院は不要です)

「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された12歳以上の患者さんが治療を受けることができます。

舌下免疫療法の方法

治療薬を舌の下に置き、おくすりごとに定められた時間保持したあと、飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えます。それを1日1回行います。(初回投与時のみ医療機関内で行う)
はじめの2週間は徐々に治療薬を増量し(増量期)、その後、重篤な副作用などなければ、月に1回は通院しながら、3〜5年間治療を続けます。(維持期)

※スギ花粉症の場合、スギ花粉が飛んでいない時期からの開始となります。


舌下免疫療法の効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

・くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善

・涙目、目のかゆみの改善

・アレルギー薬の治療薬の減量

※個人差がありますのですべての方に効果があるわけではありません。

舌下免疫療法の適応とならない方

・重篤な気管支喘息の方
喘息を悪化させる恐れがあります。軽症なら可能です。

・妊娠中、授乳中の方、もしくは、近いうちに妊娠を考えている方
治療を開始した方でも妊娠が分かり次第、中止します。

・12歳未満の小児
受験とスギ花粉の時期が重なるため、重症の花粉症の方や、従来の治療薬による眠気の副作用に困っている方は、12歳になったら早めに治療を開始することをお勧めします。

・癌の治療中の方

・その他、免疫不全の方、免疫抑制剤を使用している方、全身ステロイド投与されている方など

★さらに詳しく知りたい方は、鳥居薬品のホームページ(http://www.torii-alg.jp/)もご参照ください。